CAR&

CAR&

バスターミナル

FEAUTURE

9月20日はバスの日 乗合バス初運行から100年以上

日本でバスが初めて走ったのは1903年のこの日、営業バスが京都・堀川中立売~七条~祇園の間を走りました。それから100年以上たち、今も生活にかかせない交通手段です。 この「バスの日」は日本バス協会が...

続きをみる

Twitter Facebook Google+ はてブ

クラウン

カンドーカーズ

開発の熱い軌跡がここにある!トヨタ産業技術記念館⑤

自動車館の自動車展示フロアでオススメしたいのが、映像コーナーの『新しい車が生まれるまで』の視聴です。 [caption id="attachment_896" align="alignnone"...

続きをみる

Twitter Facebook Google+ はてブ

G1型トラック

カンドーカーズ

開発の熱い軌跡がここにある!トヨタ産業技術記念館④

2階へ進むと突然視界が開けて、圧倒されるほど広く天井の高い展示室を見渡せます。 眼下には、トヨタ自動車の新旧の自動車がずらり。 奥には「工場の生産ライン」まで展示されています。いくらトヨタグル...

続きをみる

Twitter Facebook Google+ はてブ

カンドーカーズ

開発の熱い軌跡がここにある!トヨタ産業技術記念館③

豊田佐吉の長男として生まれ、当初、織機の開発に携わった豊田喜一郎が、なぜ国産自動車開発に取り組むに至ったか。そのきっかけとなった大きな要因の一つに、二度にわたる「欧米視察」があるようです。 「豊...

続きをみる

Twitter Facebook Google+ はてブ

トヨタ産業技術記念館

カンドーカーズ

開発の熱い軌跡がここにある!トヨタ産業技術記念館②

さあ中に入っていきましょう。館内は、おおきく「繊維機械館」と「自動車館」とに分かれています。 推奨ルートで行けば繊維機械館が先になりますが、今回はあえて夏休みの小学生や親子連れにピッタリの「自動車館...

続きをみる

Twitter Facebook Google+ はてブ

トヨタ産業技術記念館

カンドーカーズ

開発の熱い軌跡がここにある!トヨタ産業技術記念館①

豊田佐吉が自動織機発明にかけた情熱と、豊田喜一郎が国産自動車開発にかけた想い。そんな2つの熱い物語と、日本の誇りとも言うべきトヨタの技術の軌跡が詰まった『トヨタ産業技術記念館』。 こんな素晴らしい施...

続きをみる

Twitter Facebook Google+ はてブ

山車

カンドーカーズ

日本のCarlifeの一つとして~木で造られた「車」~

日本各地では花火大会や盆踊りなど、夏祭りが開催される。 街中には浴衣や甚平を着た人たちが溢れ、日本の風物詩とも言える。 愛知県半田市のとある町には春と夏に開催される祭りで「山車(やまぐるま)」と呼...

続きをみる

Twitter Facebook Google+ はてブ

カンドーカーズ

アウディS4 カタログと実車との微妙な違い

新型アウディS4ですが、実際に納車された車とカタログの写真とでは微妙な違いがあります。 (2017年7月時点) 多くの人が気づかないような微妙な違いでも、私のような車好きにとっては大きな違いです。...

続きをみる

Twitter Facebook Google+ はてブ

2階にあるデリカステーション

カンドーカーズ

世代を超えて楽しめる! 鉄道のミュージアム「リニア・鉄道館」(愛知県・名古屋市)(その4)

見て・学んで・買って・食べて♪まだまだ楽しみがいっぱい。 車両展示の迫力に魅入られながらも、お腹は減ってきます。 休憩タイムもなんと電車の中で食べられるのです。2階にあるデリカステーションには駅弁...

続きをみる

Twitter Facebook Google+ はてブ

いろんな車両に乗って旅行気分を味わおう♪

カンドーカーズ

世代を超えて楽しめる! 鉄道のミュージアム「リニア・鉄道館」(愛知県・名古屋市)(その3)

懐かしさと、今なお色あせないデザインいろんな車両に乗って旅行気分を味わおう♪ 〈車両展示エリア〉 に移動して、正面から全体を眺めます。「さぁ、どこから見よう?」何よりこのエリアには新幹線だ...

続きをみる

Twitter Facebook Google+ はてブ