CAR&

CAR&

夏のカーライフを快適に!カーエアコンをキレイに保ちましょう!

Twitter Facebook Google+ はてブ

かーエアコン

この時期車内の温度は上がりやすく、すぐにでもエアコンをつけたくなるものです。
その上、暑い日が長く続くようになり使用頻度も昔と比べると格段に上がっています。
それだけ使っていればカーエアコンのフィルターが汚れてしまうのも納得というもの……。
そこで今回は長時間カーエアコンを使っておくとどうなるのか、エアコンの内部洗浄方法、そしてフィルターの掃除方法についてお伝えしたいと思います。

カーエアコンを長時間使用すると

カーエアコンはホコリ、花粉、タバコの煙などの汚れを吸い込み、そして車内にきれいな空気を送ります。
そうすれば自然とカーエアコン内部にある汚れをキャッチするフィルターは汚れてしまいます。
そして、長期間その状態が続くと内部ではカビが繁殖し、カーエアコンを付けた時に車内へ放出されて、それらを吸い込む事でぜんそくやアレルギー性鼻炎などの症状が引き起こされる可能性があります。
また、送られてくる空気にも不快なニオイが混ざるため車内が心地よい空間ではなくなってしまいます。

カーエアコンの内部洗浄方法

カーエアコンには室内で使用するものと違い内部洗浄機能がありません。そのため冷房を着けるたびに発生した結露は内部にカビが生える原因となります。
ですので、内部洗浄については定期的に行う方が良いです。
特に良いとされているのは本格的にエアコンを使い始める4・5月と使い終わりの秋冬頃となります。
カーエアコンは室内で使用するエアコンとは違いそのメンテナンスの仕方はあまり知られていないためハードルが高そうですが、個人でそれを行う事は可能です。
カー用品店などにはエバポレーターを洗浄するクリーナーが売っています。
カーエアコン内部の洗浄をするための道具があるためそちらを使用します。

しかし、このエバポレーター洗浄ですが、不適切車種があります。
ブロアモーター等に洗浄液が入り込み、故障する可能性が高い車種があります。
自信の車はクリーナーで洗浄可能かを調べてから使用をしてください。

フィルターの掃除方法

フィルターの掃除は内部洗浄と違い比較的簡単にすることが出来ます。
まず、車の取扱い説明書に沿ってエアコンフィルターの場所や交換方法を確認し取り外します。
ここでしてはいけないのはフィルターに付着したホコリを掃除機で吸い取るということです。室内用と違う構造のため掃除機を使用するとフィルター破損の原因となってしまいます。
取り外しましたら、あとはワイドマジックリンなどのような洗濯槽のカビ汚れを落とす際に使う家庭用つけおき用洗剤に浸すだけです。
それが終わりましたら、タオルなどの上に置き乾かして清掃の完了です。
フィルターの交換・清掃時期は一般的に1年で交換とされていますが、ドライブなど長距離を運転されている方は走行距離12,000kmほどが目安となります。

まとめ

カーエアコンのメンテナンスや清掃を怠っていても車検に落ちることはないためつい忘れがちですが放っておくと体や車内環境に影響を及ぼしてしまいます。
そのため、各自でケアをすることが非常に重要となります。
本格的に暑くなる前にクリーニングを済ませ、夏のカーライフを快適にしてみてはいかがでしょうか?

ichie kawasumi

ichie kawasumi

アメリカ帰りのグラフィックデザイナー。 海外仕込みの異なった視点からの記事が書いていきたいです!

アメリカでデザインを勉強していました。幾何学模様や左右対称のシンプルなデザインに目がないです。
車体やエンジンのフォルム……とても魅力的だと思います!
海外生活のせいか漢字をはじめ文章の使い方に不安はありますが頑張ります。