CAR&

CAR&

クルマ文化を存分に楽しむアメリカ人

Twitter Facebook Google+ はてブ

わかりやすい憧れを与えてくれるアメリカ

ディスカバリーチャンネルのテレビ番組が好きだ。特にクルマが出てくる番組。

ファスト&ラウドやミスフィッツ・ガレージなど、アメリカ南部テキサスの「お気軽クルマ大好き野郎ども」が古い車をレストアしたり、
オークションに出して大儲けしたり、本格的なレースに参加したりと120%ポジティブパワーで突き進む痛快番組。

ある種の日本人はえてして「自分達はカーマニアである」と思っている。
ただ、これらの番組を観るとアメリカ人のスケールの大きなマニア感に圧倒される。

まず古い車がたくさん残っている。大きな家に大きなガレージ。使っていないガレージから1930年代の車が出てきたり、コレクションが20台以上もあるというジジイも頻繁に登場する。こんなジジイには絶対に勝てない。

アメリカという国の広さがそうさせるのである。こんなテレビ番組は日本では絶対、作れないだろう。まだまだ、わかりやすい憧れを与えてくれるアメリカ。やっぱり羨ましい!

わかりやすい憧れを与えてくれるアメリカ

santa_shiro

santa_shiro

尊敬する人/クリント・イーストウッド、ブルース・リー

ハワイとグアム、韓国以外に外国への渡航経験はないが欧米文化に人一倍憧れ、妄想の中で夢見る51歳。全然エンスーでは無いが、その世界観は大好物である。
尊敬する人/クリント・イーストウッド、ブルース・リー