CAR&

CAR&

【ブレーキオイル】正式名称はブレーキフルード

Twitter Facebook Google+ はてブ

車検時に毎回交換している方も多い「ブレーキオイル」
実は、車の安全に大きくかかわっている部分ということをご存知ですか?

今回は、何故交換しなければいけないのか、どんな仕組みなのかなどを解説いたします。

【ブレーキオイル】正式名称はブレーキフルード

正式には「ブレーキフルード」と言います。
「オイル」というと「エンジンオイル」を思い浮かべる方も多いかと思いますが、全く別物です。

車のブレーキは、ディスクローターをブレーキパッドで挟んで回転を止めます。

挟むときに圧力を伝える役割が「ブレーキオイル」なんです。

「ブレーキオイル」はディスクローターを挟み込む時に発生する摩擦によって高温になります。

沸点は200度以上ですので、すぐ沸騰することはありませんが

坂道などで何度もブレーキを使用するとブレーキシステム全体が高温となり

ブレーキオイル沸騰→気泡が発生。

ブレーキペダルを踏んだ時に圧力が伝わりにくくなり、車の停車が難しくなります。この現象を

「ベーパーロック現象」と言います。

中には大事故につながる場合もあります。

坂道ではエンジンブレーキを併用するのがオススメです。

ブレーキオイルを交換しないとどうなる?

「ブレーキオイル」は時間の経過と空気中の湿気などによって劣化していきます。

劣化することで沸点がひくくなり、「ベーパーロック現象」が発生しやすくなります。

最悪の場合、交換を怠ったことによってブレーキが効かなくなることもあります。

ブレーキオイルの交換時期は?

2年に1度が交換の目安です。

新車では3年後、それ以降は2年ごとの交換が目安ですので

車検と同時に交換するのがオススメです。

ブレーキオイルの種類

ブレーキオイルはDOT3やDOT4という種類の表記がありますが

違いは沸点の高さです。

DOT3→約205度以上で沸騰
DOT4→約230度以上で沸騰
DOT5→約260度以上で沸騰

「DOT5の方が沸点高いから安全!」と思われた方ちょっと待った!

確かに沸点は高いですが、水分を吸収しやすいので寿命が短いです。

主にサーキットなどで使われるブレーキオイルです。

一般的にはDOT3かDOT4が使われています。

 まとめ

・ブレーキオイルを交換しないとペーパーロック現象が発生する可能性がある。

・ペーパーロック現象はブレーキが効きにくくなる恐ろしい現象です。

・ブレーキオイルの種類によって沸点が異なる。

・沸点が高いブレーキオイルは寿命も短い

 

ブレーキは命に直結する重要な部品です。
2年毎の交換はもちろんですが、走行中にブレーキがかかりにくかったり、
違和感を感じたらすぐにみてもらいましょう。