CAR&

CAR&

速度標識 坂道 エンジン警告灯 スピードメーター
2019/01/18

【車を永く乗るために】重要なドライブシャフトブーツ

Twitter Facebook Google+ はてブ

ドライブシャフトブーツ

1台の車の平均乗車年数は年々永くなっており、これは車の部品自体が進化していることもありますが、
メンテンス技術が上がっていたりと要因は様々です。

しかし、不具合はつきものです。

壊れる前に早期発見する事でもっと永く乗る事ができます。

今回は何万点もある車の部品の中で「ドライブシャフトブーツ」に注目します。

 エンジンの力でタイヤを回すドライブシャフト

ドライブシャフトは、エンジンの駆動をタイヤに伝えるための部品です。

タイヤから車体の中心あるデフに向かって、水平に渡された棒状のもので、
シャフトの両端にあるジョイントでデフとタイヤの速度を合わせ、スムーズに回転させる役割を果たしています。

このジョイント部分をほこりや汚れから守るためのカバーがドライブシャフトブーツです。


防水のゴム製で、中にはグリスが充填されています。

ドライブシャフトブーツは消耗品

ゴム製のパーツはそもそも消耗品、ブーツもゴム製品です。

更に走行で発生する汚れから、ジョイント部分を身を呈して守っています。
汚れによる経年劣化で、いつかは必ず材質が劣化しヒビが入ってきます。

ドライブシャフトブーツが破れるとどうなる?

 

ブーツにヒビが入ったまま乗り続けると、その部分が切れ、ジョイント部がむき出しに!
さらにブーツ内のグリスは飛び散り、ジョイントの内部に水が浸水します。

ジョイント部に、サビやほこりによるガタが発生してきます。

ジョイント部の不具合が、次々に関連パーツの不具合や破損を引き起こし、負の連鎖に・・・
走行不能で事故につながる場合もあり、命の危険も!!

 【点検】ドライブシャフトブーツ

ドライブシャフトブーツ

タイヤの内側に、円錐形で蛇腹状をしたドライブシャフトブーツが見えると思います。

ブーツを手で触って、破れが無いか確認しましょう。

手にグリスが付く場合は、内部からの漏れ=ひびが疑われるので要注意!

 こんな車のドライブシャフトブーツは要注意

 ・寒冷地・・・気温が低いとゴムは硬くなり、破損しやすくなる

 ・オフロード走行・・・跳ね石でブーツが傷つきやすい

 ・古い車・・・長く使用していれば、ゴム製品は当然経年劣化している

最後に

 発見が遅れてドライブシャフト全体の交換となった場合には、早期発見でブーツ

 のみを交換するのと比べると、何倍も費用がかかることもあります。ブーツが

 破れていると車検にも通らない事からもわかるように、不具合を放置してよい部分

 ではありません。何より安全走行への不安が少しでもあってはなりません。

 気をつけなければ気付かない部品ですが、どうぞあなたの定期点検項目の一つに

 組み込んで、注意してあげて下さい。

SHOYA MURASE

SHOYA MURASE

整備業界一筋のウェブマーケッター。日本各地に飛び回りながら記事を紹介中。