CAR&

CAR&

よう、そこの若いの、Take It Easyでな。

Twitter Facebook Google+ はてブ

通勤ラッシュ

久しぶりに東京で、しかも月曜日の朝、JRと地下鉄に乗りました。

凄まじいとしか言えない通勤ラッシュ。
東京のサラリーマンの方々は、会社での闘いの前に、通勤と言う闘いがあるのです。

 

ブルーマンディ症候群

日曜日の夜になると憂鬱になることを『ブルーマンディ症候群』と言うそうです。


『明日からまた仕事か』と考えて憂鬱になることだそうですが、同様の症例に『サザエさん症候群』があります。
『サザエさん』は休日の終わりを自覚させるプログラムであり、この番組が終ると途端に気分がダウンされる方がいらっしゃるそうです。

『明日からまた仕事か』、もしくは『明日からまた通勤ラッシュか』。
そう考えて憂鬱になるのでしょう。

 

今年度の新入社員として社会に出られた方の中にはこの時期、『五月病』に悩まれる方もいらっしゃいます。

新しい環境に適応出来なかったり、理想と現実のギャップに悩んだり、周囲とのコミュニケーションに躓いたり。
働くってこと大変だと言うことを改めて自覚されている方、きっと多いと思います。

 

The Eagles【Take It Easy】

毎日毎日、頑張って働いているすべての方に、この言葉と曲を送ります。

【Take It Easy】

もちろん、アメリカではかなりポピュラーな言葉です。私もよく言われましたし、言いました。

 

言葉の意味としてよく紹介されるのは『気楽にいこう』ですけれど、広い意味で使われる言葉です。

私はアメリカで、駐車場を出る際に、料金所のオジさんに言われたことを覚えています。

料金を支払って、さあ出ようと言う時に『Take It Easy!』と声をかけて貰いました。おそらく『気をつけて』の意味なんでしょう。

   

私の友人には、別れ際にこの言葉を使う人もいます。ニュアンス的には『じゃあね』って感じなんですけど、この言葉でそれを表現しているんです。

  アメリカを代表するバンド、1971年にデビューしたThe Eaglesの最初のヒットが【Take It Easy】です。

 

 

アメリカの広いフリーウェイを走りながら聴いたらあまりにもハマるストレートなロックですが、混雑する通勤ラッシュの中でも、イヤフォンでこの曲をリピートしてストレスを解放しましょう。

 

  気楽にいこうぜ。気楽にね。

  自分の車輪の音でおかしくなってたら仕方ないぜ。

Nobby

Nobby

海と星と音楽を愛するB型乙女座のロマンティスト

東京都中央区日本橋生まれ・育ち。
慶應義塾幼稚舎・慶應義塾普通部・慶應義塾高等学校・慶應義塾大学法学部卒業の完全無欠シティボーイであるがゆえに、
海、星などの自然に憧れるナチュラリスト。

Nobby

最新記事 by Nobby (全て見る)